良い中古ドメインをたくさん割安で手に入れる方法

中古ドメイン

 

 ノウハウに詳しい人でも、稼げない人はたくさんいます。

 

でも中古ドメインを買っている人は間違いなく稼いでいます。

 

アフィリエイトの影の主役は中古ドメインだと思います。

 

 

中古ドメインを買うという投資はお金がかかりますので敬遠する人は多いです。

 

ですが基本的に無料のサービスを中心にするということがアフィリエイトで稼ぐことを妨げていることもあります。

 

アフィリエイトの参入障壁といっても良いでしょう。

 

 

中古ドメインを利用すれば、SEOは非常に簡単になります。

 

サイトがどんなにひどくても上位表示できる可能性があります。

 

 

最も簡単なサイトは中古ドメインでサイトを作るだけです。

 

被リンクは既についています。

 

中古ドメインの使い方の主流は中古ドメインをサテライトサイトにして被リンクをターゲットサイトに送る方法です。

 

 

中古ドメインに、思い切って投資できるかどうかで稼げるアフィリエイターになるかどうかの分かれ目になります。

 

 

 

 

中古ドメインにはけっこうな金額がかかりますが、安く購入できる良い方法があります。

 

それはSCKを使うことです。

 

SCKとはシリウスで有名な株式会社ACES WEBが提供する月額制のアフィリエイター向けのサービスです。

 

SCKに入会するとにSEO作業に便利なツールを8つ使えるようになります。

 

この中にコロンブスという中古ドメイン獲得用のツールがあります。

 

このツールを使えばコンスタントに中古ドメインを探すことができます。

 

 

 

私も使ってますが、中古ドメインってこんなに簡単に見つかるんだって感心してます。

 

中古ドメインは高いので大胆な購入ができなかったのですが、その問題を解決してくれました。

 

 

 



【新SCK】 アフィリエイトを超効率化! 次世代型サービス『SCK』

中古ドメインの利用方法

中古ドメインの利用はサテライトで使う方法とメインサイトのドメインに使う方法があります。

 

 

サテライトで使う方法が主流です。

 

サテライトなら自由に被リンクを付けることができ、切ることも可能です。

 

反対にメインサイトに中古ドメインを使用しますと、じっくりと懐深く待つしかなくなる場合もあります。

 

 

中古ドメインからの発リンク数は少ないほど被リンクとしての効果があります。

 

ここぞという場合は1本だけの発リンクがおススメです。

 

 

1つの中古ドメインから被リンクを送る場合は多くても10本まででしょうね。

 

 

ジャンルも合わせるほうが良いです。

 

 

 

中古ドメインのキーワードとは?

中古ドメインを探査する時にキーワードを入力しますがこのキーワードはジャンルと関係があります。

 

例えば金融の中古ドメインを探す時には以下のようなキーワードになると思います。

 

 

商品名、サービス名、地方名、専門用語、スラング

 

bank promise mobit acom smbc mufg bk tokyo office currency 2016 money dept

 

 

中古ドメイン選びの決め手になるもの

基本的に指標となる数字がある場合は、指標で判断するのも最初はいいかもしれません。

 

でも、だんだん自信がついてきたら自分なりの解析方法が決め手になります。

 

マジェスティックseo、Ahrefsなどの中古ドメインの解析ツールで調べるのも、良い中古ドメインを見つけるには大事です。

 

 

私はマジェスティックseoでトラストフローの数字の大きさを見て、購入するようにしてます。